自然素材・技との出会い

自然素材・技との出会い

【素材6】 羊毛断熱材「ウールブレス」


pt_09地球環境・室内環境を考え開発された羊毛断熱材・ウールブレスです。「呼吸する断熱材」とも言われ、最近問題となっている壁内結露の心配が少ない商品です。また、接着剤等の化学物質を一切使っていない商品で、自然素材をお探しの方には最適です。

素材紹介HP 「ウールブレス 」ページへ直接リンク
メーカーHP 株式会社アイティエヌジャパンさんへリンク
販売代理店さん一覧のページはこちら>>
※各代理店さんのページが充実しています。

 

羊毛断熱材「ウールブレス」との出会い

pt_04この断熱材も施主様と一緒に決めました。 いろいろサンプルをとって値段と相談して、たしかにいつも使っている「グラスウール」もかなり前から使われていて、機能性や施工性もあがってきて普通に使います。

でも”自然”ではなく”工業製品”です。

これは羊の断熱材っていうけど、まだ市場にでたばかりかな?と思いつつも・・・

実際に手にとると、「これは良い!」と思ってしまった。 値段は高いけど、こんな見えない所にこだわる施主様がすごい。

羊毛断熱材「ウールブレス」を使ってみて

pt_03右の写真では防湿シート(汚れ防止)を引いた仕様として書いてあります。

これは仕様ではなくて、あまりに断熱材が綺麗なので、私が勝手に”汚れないように・・・”と、引いたものです。(~_~;)

引いてから、お施主様に電話して「どうします?」って、聞いたら「はがして!」ということで、引いたものをはがし、そのまま布団(^^ゞ(断熱材)をひきました。

本当に埃がつくのがもったいないぐらいです。 これで、「断熱性」「吸放湿性」「吸音性」「耐火性」「耐久性」もあって、なおかつ「エコロジー」となれば、言うことなしですね!

なんでも、今開催中の愛・地球博のグローバル・コモン4ゾーン 屋内休憩所にも使われていて、室内側から見れるようですよ!

上記以外の情報も販売店さんのホームページ(株式会社ムラモトさん)には、「水害にも強かった!」など盛りだくさんのニュースが掲載されています。是非、ご覧ください。
※株式会社ムラモトさんのTOPページはこちら>>

そういえば、見えない所が大事って昔、聞いたことがあるかも?

100ミリは2,000×500の長さです ですので、なんか「施工」というより 羊毛の布団をひいている感じです。
 100ミリは2,000×500の長さです ですので、なんか「施工」というより羊毛の布団をひいている感じです。
ここで寝転んでみました。 気持ちよかったです。(^^ゞ
ここで寝転んでみました。 気持ちよかったです。(^^ゞ
床用の断熱材。 こんな感じのロールになっています
床用の断熱材。こんな感じのロールになっています
オーストラリアの羊の毛です
オーストラリアの羊の毛です
pt_06
フカフカのサラサラで手できれます
根太の間に敷きつめていきます
根太の間に敷きつめていきます
できるとすれば(今後の課題&改良点)
特になし
その後経過報告

半年後、1年後、3年後。。。など順次様子をお知らせいたします。
お楽しみにしてください。私も楽しみですね!


カテゴリー│自然素材と技との出会い タグ│
Copyright ©2018 SAKURA OGAWA KENCHIKU. CO.LTD. All rights reserved.